shump

記事一覧(19)

【スタッフインタビュー No.4】俊平 vol.1(1/3)

大杉 俊平(おおすぎ しゅんぺい)ニックネーム:しゅん君、シュンペータ、ペーちゃん、など28歳。2014年12月より、赤羽SHISHA de TREEオーナーを務める。2017年3月より2号店に当たる上野And Uオーナーとなり、現在は両店の店長を兼ねる。新卒入社した建築系の会社を脱サラし、鎌倉の老舗喫茶店で働く。その後、友人とSHISHA de TREEを共同経営で立ち上げる。シーシャを構造的・体系的に分析する理論派だが、普段の言動はあまりに支離滅裂。上品な接客に覗かせる狂気に、馴染み始めのお客さんは困惑すること多々。赤羽で忙しくなると、たまに人を殺しそうな目をしてシーシャを作っている時がある。おかわりをお願いするときは勇気を出そう。(聞き手・文:オザケン)どれだけ上質な「暇」を提供できるかが、シーシャだ。オザケン:シーシャとの出会いはいつ?俊平:共同経営者が持ってきたのがきっかけだね。バックパッカーで特にエジプトとか回っててさ。現地で買ってきたやつを鎌倉の海沿いで吸ったのが初めてかな。それが、20くらいの頃だから、10年くらい前か。まだ東京にもシーシャが全然入ってきてない頃。正確じゃないけど、シーシャ下北沢さんも、まだなかった頃だと思う。オザケン:シーシャの印象はどうだったの?俊平:ん?もう、完全にヤバいやつきたな、って感じだよね(笑)。「ああ、ピリオドの向こう側に行ってしまったな。どうやってこの人との交友関係を絶っていこうかな」とか考えてたよね。オザケン:そこから考えると……俊平:うん、この10年で環境は本当に大きく変わったよね。今では、大学生が結構な数、シーシャに興味持ってるんだもん。一過性の流行だったとしても、すごいよね。オザケン:お店で吸うようになったのはいつ頃?俊平:22,3の頃かな。自分の中で、シーシャブームが来たのね。お下がりのシーシャもらって、家で作ってたら、だんだん味の違いがわかるようになってきた。「おや?そこそこうまいのでは?」とか考えてた。まあ、今考えると、とんでもなくまずい代物だったと思うんだけど、そもそも日本、こと東京のシーシャカルチャーの成熟度自体が、まだまだだったってことだと思う。オザケン:シーシャ屋を開くことになるきっかけは?俊平:詳しく話すと長くなりすぎちゃうから、少し省くけど、脱サラして鎌倉の喫茶店で働いてて、そこの店長にならないかって話と、それ以外にもう2つほど、声がかかったんだよ。ある年の大晦日に。で、一番面白そうな、今の道を選択したって感じかなあ。シーシャにこだわりはなかったよ。それなりに好きではあったけど、いち商材、ツール、くらいの認識だったかな。俺はコーヒーが好きだったから、コーヒー淹れられるならいいかな、くらいの気持ちだったかな。オザケン:そんな俊くんも、今では中毒かなってくらいシーシャを吸ってるわけですが……俊平:そうなんだよなあ(笑)オザケン:シーシャの魅力ってなんだろう?俊平:シーシャって、ぶっちゃけ暇だと思うんだよね。その時に何をするか。個々人の色がよく出ると思う。積極的に暇な時間を作る、っていう割と珍しいツールじゃないかな、って感じてる。赤羽をオープンしてすぐ、まだ全然お客さんもいなかった頃。今話したようなことに気がついて「自分に時間を取ってあげるものですよ」「あえて、なにもしない、という時間の過ごし方を提供しているものなんですよ」ってお客さんに伝えるようになった。そうしたら、リピートしてくれるお客さんがすごく増えて。腹に落ちたような感覚があったよね。オザケン:ただの喫煙具なんだけどね。俊平:そうなんだよね。たかが喫煙具、されど喫煙具、というかさ。新年の挨拶にも書いたけど、面白いよね。

【スタッフインタビュー No.3】りかちょ vol.3(3/3)

石川梨香ニックネーム:りかちょ25歳。2017年3月オープン当初より勤務。元ダンサー。経歴はここには書ききれないくらい色々あるので割愛。赤羽SHISHA de TREEの常連客であったが、気がつけばAnd Uで働いていた。フレーバーへの愛が止まらず、シーシャを立てている最中に「大丈夫、お前はもっとできる!」と唱えているとかいないとか。女性客からの支持率が凄まじく高く、「りかちょさんに会いにきました!」という声をよく聞く。花系のフレーバー・ミックスを好む。あと、地味に、英語で接客できる。(聞き手・文:オザケン)華やかでもいたいし、しっとりもいたい。いろんな顔がある私でありたい。オザケン:中高はどんな学生だった?りかちょ:中学の時は、バスケ、バレー、マラソン。とにかく体を動かすのが好きな子だったのね。高校の時は、部活はダンス部一本だったけど、所属してる科が体育に重きを置いた科だったから、いつも運動してた。文武両道がモットーだったこともあって、意識的にスポーツはしていた。オザケン:趣味はある?りかちょ:やっぱり、体を動かすことかなあ。ランニング、水泳、もちろんダンスも。ダンスは、シーシャ一本に専念し始めてから、仕事としてはやらなくなったけれど、やっぱり好きだし、これからも続けていきたいね。あとは料理!オザケン:お、いいね。得意料理は?りかちょ:ルーを使わずに、スパイス調合から始めるカレーかな。うんまいのよ、私が作るカレー(笑)。オザケン:自分をフレーバーに例えるなら?りかちょ:ブルーミストかな。どんな環境下でもいけるし、郷に入りては郷に従え精神あるし(笑)。それに、邪魔はしたくないけど、主張もしたい。やっぱり目立ちたがり屋ではあるから。みんなとワイワイするのも好きだけど、休日に一人でゆっくり本を読むのも好き。いろんな顔を持ってる、みたいなイメージがあるから、ブルーミストかな。俊平:あ、ブルーミストは現在スターバズ社の商標なんで、ゴールデンラヤリナのブルーヘブンとは別物と考えてもいいdオザケン:ちょっと静かにしてくれますか?

【スタッフインタビュー No.3】りかちょ vol.2(2/3)

石川梨香ニックネーム:りかちょ25歳。2017年3月オープン当初より勤務。元ダンサー。経歴はここには書ききれないくらい色々あるので割愛。赤羽SHISHA de TREEの常連客であったが、気がつけばAnd Uで働いていた。フレーバーへの愛が止まらず、シーシャを立てている最中に「大丈夫、お前はもっとできる!」と唱えているとかいないとか。女性客からの支持率が凄まじく高く、「りかちょさんに会いにきました!」という声をよく聞く。花系のフレーバー・ミックスを好む。あと、地味に、英語で接客できる。(聞き手・文:オザケン)間違いないスタッフが4人いる。それがAnd U、一番の強みだと思う。オザケン:上野ってどんな街?りかちょ:ヤバイね。上野は、歌舞伎町と同じくらいのポテンシャルある。むしろ超えてる。上野めちゃくちゃアツイ。その日のコンディションとか、したいことに合わせて、全部叶えられる街だと思う。他の繁華街ほどギスギスしてないし、人もそこまで多いわけじゃない。オシャレな喫茶店から、高架下の赤提灯、果ては、シーシャ屋さんまであるわけだから。こんな街、なかなかないと思う。オザケン:オープン当初からAnd Uで働いてるわけだけど、どう感じてる?りかちょ:最高。本当に、ありがとうございます、って感じ。プライベートで嫌なことがあったり、落ち込むようなことがあったとしても、逆にここに来て働いた方が元気になる。理想の働き方だと思う。今までもずっと「そうありたい!」と思って、仕事に就いてきたけど、見つかったなあ、って感じる。オザケン:他のお店と比べた時に、ここは違うなあと感じるところはある?りかちょ:ここは勝ってる、みたいな気持ちはあまりないのね。いろんなところのいいとこ取りでいいと思ってるんだけど、あえて言うとしたら、空間も接客も、すごく上質だと思う。でもそれ以上に、「間違いないスタッフ4人がいるよ」っていうのは言いたいかな。美味しいシーシャ、綺麗なお店、そんなのは当たり前で、それを運営しているスタッフの質が高い。考え方をちゃんと共有して、そしてお店のことをすごく考えてる。これは他のお店がどうこう、というわけじゃなくて、And Uの絶対的な特徴だと思う。

【スタッフインタビュー No.3】りかちょ vol.1(1/3)

石川梨香ニックネーム:りかちょ25歳。2017年3月オープン当初より勤務。元ダンサー。経歴はここには書ききれないくらい色々あるので割愛。赤羽SHISHA de TREEの常連客であったが、気がつけばAnd Uで働いていた。フレーバーへの愛が止まらず、シーシャを立てている最中に「大丈夫、お前はもっとできる!」と唱えているとかいないとか。女性客からの支持率が高く、「りかちょさんに会いにきました!」という声をよく聞く。花系のフレーバー・ミックスを好む。あと、地味に、英語で接客できる。(聞き手・文:オザケン)この空間を支える仲間でいたかった。だから、このお店で働く道を選んだ。オザケン:シーシャとの出会いはいつ?りかちょ:赤羽のSHISHA de TREEで吸ったのが初めて。昔のバイト先で見かけたことはあったんだけどね。シーシャ、っていう存在は知らなかった。仕事帰りに、満員電車で押し流されて赤羽で降りちゃったことがあったのね。初めて降り立つ駅だったんだけど、なんか悔しくて、「は?あたし自分から降りたんだし」くらいの気持ちで一番街を進んでいったの。そしたら、シーシェイドの方に曲がる角のところでビビッと直感が働いて、「わ、この店はヤバイぞ。なんかあるぞ」と思って、お店に入って行ったのが最初(笑)。オザケン:すごい始まり方だね。りかちょ:看板見て、コーヒーいくら、ドリンクいくら、で、シーシャが1300円とかで。「なんかすごい高いのある!」って興奮しちゃって。その時は、すごく特別な、高いお酒を置いてるのかなー、くらいの感覚で、シーシャを吸いに入ったわけじゃなかったかな。オザケン:シーシェイドツリーはどうだった?りかちょ:自分の居場所ってどこなんだろう、って少し悩んでいた時期でもあったんだけど、「ホームあるじゃん!」って思った(笑)。家族みたいな関係、空間で。このコミュニティは素敵だなあ、最高だなあ、って、最初から思ってた。オザケン:じゃあ、シーシャ屋、というかAnd Uで働くことになったきっかけは……りかちょ:そうだね。シーシャ屋さんになりたかった、ってわけじゃないかな。この空間の仲間の一人でありたい、って強く思ってたら、次は「ここで働きたい」って思った。オザケン;すごくシンプルだね。りかちょ:そう、シンプル。シーシャが動機じゃないんだよね。もちろん、シーシャは大好きだし、美味しいシーシャを作り続けていたい!とは思うけど。どちらかというとこの空間を支える人でありたい、って感じかな、私の場合は。オザケン:シーシャの魅力ってなんだと思う?りかちょ:今さ、みんなしんどいこと多いじゃん。疲れがたまりがちだと思うのね。で、シーシャって、すごく美味しいでしょ。座って、ゆっくりしなきゃいけない状態に強制的にさせられて、美味しい煙を吐く……。最高じゃない?(笑)この時間の過ごし方が、今の日本人に響いてるんじゃないかな、って思う。

【スタッフインタビュー No.2】りっけん vol.3(3/3)

米澤直希(よねざわ なおき)ニックネーム:りっけんマン27歳。2017年4月より勤務。元バンドマン、元PA。20歳で上京し、23歳よりシーシャ専門店で働く。シーシャだけで見れば、And Uで一番長いキャリアを誇る。現在は、上野And Uと、他店(高円寺KOENシーシャ)の両店で働き、KOENシーシャ副店長の顔も持つ。髪の毛のパーマは地毛と思わせて、実は人工パーマ。りっけんマンという呼び名の由来を聞くと、丁寧に「ギターのリッケンバッカー」から来ていることを教えてくれる。あと、結構おっちょこちょい。床に設置してある掃除機のスイッチかと思ってりかちょの足を踏みつけては大声を出したり、鍵を忘れてお店を閉められなくなったりする。(聞き手・文:オザケン)自分の店を持つことが、将来の夢。オザケン:中高の時はどんな学生だった?りっけん:中学の時は、グランドホッケーや、水泳をやっていましたね。高校の時はバスケです。父親がバスケの国体選手だったので、親孝行の意味も兼ねて、一回くらいバスケをやっている姿を見せなきゃなあ、と。ただ、速攻で身体やられちゃいまして(笑)。それから、バンドをやるようになりましたね。エルレガーデン全盛期の頃で。学園祭で、先輩の「Red Hot」を聴いて、CD音源が流れてるのかと思ったら演奏してて、本当に衝撃を受けました。そこからバンド活動に精を出すようになりましたね。高三の時、自分のバンドで出演したんですけど、それが自分の音楽活動の原点になりましたね。オザケン:りっけんマンの呼び名にも繋がってるよね。りっけん:ギターのリッケンバッカーが由来ですね。それを言ったら、俊さんが、「じゃあ、りっけんマンね!」っていう、意味のわからないキャラ付けをしてくれたんですけど(笑)。ただ、今はなかなか、ギターも弾けてないですね……。弾きたい!オザケン:趣味はある?りっけん:うーん。……シーシャ?オザケン:そうなっちゃうよねえ(笑)。りっけん:家でもよくたてますし。音楽はもちろん好きですよ。ACIDMANはずっと好きで、この前のACIDMAN主催のフェスも行きました。限定のハットも買いました。オザケン:あれかっこいいよねえ。くれない?りっけん:あげませんよ。何言ってるんですか。馬鹿なんですか?オザケン:自分をフレーバーに例えるなら何?りっけん:コーラ(パノラマ製)ですかね。自分では本当にピンときてないんですけど。一時期And Uを一世風靡しましたね。常連さんが次々と僕にコーラを頼むという(笑)

【スタッフインタビュー No.2】りっけん vol.2(2/3)

米澤直希(よねざわ なおき)ニックネーム:りっけんマン27歳。2017年4月より勤務。元バンドマン、元PA。20歳で上京し、23歳よりシーシャ専門店で働く。シーシャだけで見れば、And Uで一番長いキャリアを誇る。現在は、上野And Uと、他店(高円寺KOENシーシャ)の両店で働き、KOENシーシャ副店長の顔も持つ。髪の毛のパーマは地毛と思わせて、実は人工パーマ。りっけんマンという呼び名の由来を聞くと、丁寧に「ギターのリッケンバッカー」から来ていることを教えてくれる。あと、結構おっちょこちょい。床に設置してある掃除機のスイッチかと思ってりかちょの足を踏みつけては大声を出したり、鍵を忘れてお店を閉められなくなったりする。(聞き手・文:オザケン)And Uのことを好きなスタッフしかいない。だからこそできる、接客があると思う。オザケン:上野ってどんな街?りっけん:好きな街ですね。長野出身の田舎者としては、思い描いた通りの東京、下町、という感じがして、どこか懐かしさを感じる駅ですね。オザケン:And Uで働いて1年弱になるわけだけど、どう?りっけん:めちゃくちゃ楽しいですね〜。自分のやりたいシーシャ屋の姿を体現できてるというか。シーシャの味にこだわっているのはもちろんなんですけど、お客さんの空間を大事にしているところですかね。昔はお店を回すことばかりに気持ちが行ってしまっていたんですけど、空間とか、生活とか、思い出とか、そういうものを共有出来る楽しさが、今はありますね。オザケン:他のお店と比べた時に、ここは違うなあ、と感じるところはなにかある?りっけん:シーシャ屋の中でも、結構新しいスタンスだと思うんですよね。今までのシーシャ屋の雰囲気って、どうしてもアンダーグラウンド路線になってしまっていて。より普通のカフェバーに近くて、無駄をギリギリまで省いている。自画自賛になってしまうかもしれませんが、かなり洗練されてると思います。ウチは、単なるカフェ利用もできる料金体系ですし、それに適した雰囲気作りもちゃんとしていますから。オザケン:確かに、お店作りは、他店とは一味違うかもしれないね。りっけん:あとは、スタッフですね。これも自画自賛になってしまいますが(笑)。お店大好きな人ばっかりなんですよ。And Uって。だから、お店が大事にしている価値観とか、優先順位とか、ちゃんと共有できている。これは、まだ入って2か月のアキラ君だって、同じです。好きだからこそ、「こんな接客をされたら嬉しい」「こんな空間だったらまた来たくなる」という目線をちゃんと持って、みんなお店に立てているんだと思います。

【スタッフインタビュー No.2】りっけん vol.1(1/3)

米澤直希(よねざわ なおき)ニックネーム:りっけんマン27歳。2017年4月より勤務。元バンドマン、元PA。20歳で上京し、23歳よりシーシャ専門店で働く。シーシャだけで見れば、And Uで一番長いキャリアを誇る。現在は、上野And Uと、他店(高円寺KOENシーシャ)の両店で働き、KOENシーシャ副店長の顔も持つ。髪の毛のパーマは地毛と思わせて、実は人工パーマ。りっけんマンという呼び名の由来を聞くと、丁寧に「ギターのリッケンバッカー」から来ていることを教えてくれる。あと、結構おっちょこちょい。床に設置してある掃除機のスイッチかと思ってりかちょの足を踏みつけては大声を出したり、鍵を忘れてお店を閉められなくなったりする。(聞き手・文:オザケン)ボソッと聞こえた「美味しい」。心の中ではガッツポーズしています。オザケン:どうして上京したの?りっけん:当時の彼女にくっついて出てきました(笑)。早々とフラれちゃったんですけどね……。当時バンドをやっていたんですが、こっちで音楽の裏方(PA)の勉強を専門学校でしながら、家族の仕事を手伝っていました。オザケン:シーシャに出会ったのはいつ?りっけん:専門学校に通っていた時だったので、22歳の時ですね。高円寺のチルインさん(現在、同店舗は閉店し、同じ場所でKOENシーシャが営業している)でしたね。オザケン:シーシャにはすぐハマったの?りっけん:初めて吸った次の日に、すぐに店長さんから個人的な連絡が来るようになったりして、どっぷりとシーシャに浸かっていきました。シーシャが好き、というよりも、お店でスタッフの人と話すのが楽しくてハマっていった感じでしたね。当時タバコをやめようかと思っていた時期でもあったので、そういう側面もあって、よく吸うようになりました。オザケン:シーシャはいつから自分でたて始めたの?りっけん:お店の方からお古のシーシャを譲ってもらって、自分でも立てるようになって。シーシャというものの奥深さにハマっていったのは、そこからですね。オザケン:沼だね。りっけん:沼に足を踏みんだ瞬間でしたね。オザケン:シーシャ屋で働くようになったのはどんなきっかけがあったの?りっけん:ちょうど、次のバイトを探していた時期に、シーシャにハマっているし、やってみようかな、くらいの軽い気持ちです。いろんな縁もあって、チルインさんで3年ほど働きました。シーシャ屋さんって、楽そうだなあ、なんて思ってたんですよね。オザケン:実際入ってみると、そんなことないよね?(笑)りっけん:そうなんです。入ってみて、これはやばいぞと。1年くらいは必死に働きました。毎日勉強で。1年過ぎたくらいから、やっと楽しくなってきました。いくつかの店舗で働きましたが、古巣の高円寺店で働くようになった頃から、お客さんが喜んでくれるシーシャを作るのがすごく楽しくなって、そこから考え方が変わったような気がします。オザケン:軽い気持ちで始めたシーシャが、今では5年目に差し掛かっているわけですが(笑)。シーシャの魅力ってなんだと思う?りっけん:日本人からすると、非日常の時間なんでしょうね。ちょっとした海外旅行、ショートトリップというか。家に帰ってから寝るまでにもうちょっと遊びたいなあとか、家に帰る前にゆっくりしたいなあとか。そういう時間を過ごせるサードプレイスの一つなんだと思います。他のアクティビティよりも、お店を中心としたコミュニティに関わることになると思うので、自ずと関わる人の幅は広がりますよね。オザケン:「シーシャ」っていう共通の趣味を持った知り合い、友人は自然と増えるよね。りっけん:あとは、スタバで話すよりもリラックスして話せる(笑)。アロマの香りに包まれながら、同じ香りを共有しながら話すというのは、思っている以上に肩の力が抜けるんだと思います。

【スタッフインタビュー No.1】アキラ vol.3(3/3)

中島 亮(なかじま あきら)ニックネーム:アキラ23歳。2017年11月より勤務。日本の大学に進学するも、中退し、マレーシアの大学へ進学。日本へ帰国後、And Uにてスタッフとして勤務しながら、現在はお笑い芸人を目指す。はにかみ屋さんだが、はにかみながら、なにかひとつ面白いことを言おうとする。あと、インタビュー中すごくカメラを気にしちゃう。すごく見てくる。外国人の集客も含めて、今後どうやってお店を盛り上げていこうか画策するなど、真剣にお店のことを考えているお店大好きマン。(聞き手・文:オザケン)海洋系に進みたかった中学生活。お笑い芸人になりたい、今。オザケン:中高の時はどんな学生だった?アキラ:中学の時はバスケ部、高校の時はテニス部でした。高校からテニスは始めたんですけど、経験者が多かったんですよね。最初はコートにも入れてもらえなくて。ただ、負けず嫌いな性格なので、燃えちゃったんですよね。個人的にスクール通って、ジュニアの一番上のクラスまで通うようになって。最終的には、自分の代のエースになって、部長にまでなれるようになりました。オザケン:高校の学科は普通科だったの?アキラ:国際科に進みました。海の生き物が好きで、中学二年生までは海洋系に進みたかったんですよね。オザケン:面白いね!アキラ:好きになったことをとことん突き詰めてしまう性格で。ただ、父親から高校までは専門性が高いところよりも、広く学べるところに進んだ方がいいと勧められて、国際科に決めました。オザケン:マレーシアの大学では何を学んでいたの?アキラ:インターナショナルビジネスを勉強してました。国際的にビジネスをする上で必要になる、マーケティングや、為替相場の変動、どういう人材を必要とするかとか、どんなコミュニケーションが必要になるかなどを学んでいました。オザケン:将来どんな仕事がしたい、とかはある?アキラ:マレーシアの大学を出て何をしようか考えた時に、お笑いか、自分でビジネスをできるようになる道を選ぶか、考えたんですね。でも片方を選んだら、もう片方ができなくなるわけでもないなあと思って、昔からやりたかったお笑いの道に進むことを決めました。将来は、お笑いを続けながら、例えばゲストハウスをやったりしたいですね。ゲストハウスを軸に、シーシャ屋さん運営したりとか。大学で学んだことを活かしていきたいです。オザケン:休日は何をしていることが多い?アキラ:ネットで雑学読んでます(笑)。小さい頃から父親の知らないことを知りたくて。今でも、いろいろ雑学は見ちゃいますね。あとは、旅が好きです。マレーシアに進学したのも、バックパッカーをやっていたことがきっかけだったので。日本に帰ってきてからは、なかなか旅できてないんですけどね……。